バルトレックス1000mg

バルトレックスでヘルペスも怖くない

ヘルペスという病気は非常にやっかいなもので、場合によっては疲労がたまる時期に必ず再発してしまうなど、ヘルペスが癖になってしまう方もいるとか…。そんな方の中にはバルトレックスという薬を常備している方もいるそうです。

バルトレックスがヘルペスに効果するのはなぜ?

バルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹と言ったヘルペスウイルスの感染によって起こる疾病の治療に使われます。ヘルペスウイルスは現在の医療では一度感染したものを完全に殺菌することが出来ません。ウイルスの増殖を抑える治療が行われ、処方されるのが抗ウイルス薬のバルトレックスなのです。
ヘルペスに限らずウイルスというのは増殖するときにDNAを複製することで増殖していきます。そのため、DNAの複製ができなくなればウイルスの増殖を抑えることが出来るのです。DNAが増殖される時にはDNAポリメラーゼという酵素が関与しているのですが、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるためにDNAポリメラーゼが阻害するように作られているのがバルトレックスなのです。DNAの複製が出来なくなるとウイルスは増殖できなくなり、症状が沈静化して行くのです。人間の細胞が増殖するときにもDNAが複製されますが、バルトレックスはヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼだけを阻害するように作られています。バルトレックスの特徴として、アミノ酸を結合させているので、消化器官で体内に吸収されるスピードが早く、薬を何度も服用しなくても早く効果が現れます。
ここで症状が沈静化しても、ウイルスは人間の神経節に潜んで免疫力が低下すると再び活動を活発化させてヘルペスや帯状疱疹を引き起こします。何度治療しても再発を繰り返してしまう場合には発症してから飲むよりも少量のバルトレックスを継続して服用することで、再発を予防することが出来ます。この場合にもウイルスのDNAの複製を抑制して、免疫力が落ちた際にウイルスが活性化しないようにして再発を予防しています。
■ヘルペスウイルスの増殖を抑える成分
バラシクロビル
■ヘルペス治療薬のあれこれを分かりやすく紹介
ヘルペス 薬
■治療薬は通販で購入できます
バルトレックス通販